top of page
検索
  • yasu

還暦

更新日:2020年12月13日

ボーズンロールのドラマーのマークンは、な、な、なんと今年還暦を迎えられました。

誠におめでとうございます。

ただ本人は「全然めでたくない」と言うと思いますが(笑)

加入当時は33才だったあの人が。。(笑)

月日が経つのは早いですなぁ~。

とはいえ、当然あとの3人もそれなりに年をとるわけですが(笑)

しかしまぁ~今も変わらずパワフルでやんちゃなお方でございます。

以前にブログで書いたように私と同業の先輩で公私ともに非常にお世話になっているお方です。

なので仕事にバンドに色々と気兼ねなく話ができる。

気を遣う事なくフラットに接する事ができるため、ちょいちょいタメ口OK?の友達のような人。

ヨッシンもアッチャンも同じようにマークンにフレンドリーに接しています。

これはマークンの温かい人柄でしょうな。

平成6年にドラマーで路頭に迷っていた我々を救ってくれた恩人(んなたいそうなと言われそうですが笑)

ドラマーという立場上、バンドでは縁の下の力持ちというポジションになるかも知れないが、その力持ち加減はハンパないもので、どんな要求にも素早く応え、繰り出す多彩なドラミングをヒントに曲が仕上がって行った事も多々ある。

このバンドがコピーバンドではなくオリジナルバンドとして何とかやって来れたのはマークンの加入が非常に大きい。

とにかく後ろから強力に我々を見守りつつボーズンロールを支えて頂いております。

マークンと知り合って30年。

ボーズンロールとして26年。

その間、震災もあり今はコロナ。

苦楽を共に過ごしてきた先輩であり良き友であるマークン。

これからも何卒よろしくお願いします。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page